庵原朋弥 公式サイト | soul labo・魂の研究室

エンパスとサイキックの診断能力の違い

エンパスとサイキックの診断能力の違い

クライアントを診断する時、エンパスとサイキックは全く違った手法で行っています。

 

エンパス体質の方は「相手の立場になる」を基本としてクライアントをとらえています。

 

この時エンパス体質の方は、相手のソウルと自分のソウルのバイブレーションを共鳴させてクライアントの状態をトレースしています。

 

そのため、クライアントの身体の痛みや感情などがダイレクトに感じられたり、勝手に涙が出てきたり、クライアント本人が認識していない痛みや感情まで感じ取ったりすることもあります。

 

しかし、相手のソウルをトレースすることで「自分もクライアントのエネルギー状態を体験する」ため、必ずダメージを受けてしまいます。

 

例えば、池の様子を見る時に池の中に飛び込んでしまえば水に濡れてしまうのは必然で、濡れないでいることは不可能です。相手のソウルのバイブレーションに飛び込んだら、必ず影響を受けてしまうと思ってください。

 

まさに「相手の痛みを共有する」エンパスの共感力の特徴です。

 

クライアントは共感されることにより深い癒しを体験することが出来ます。熟練したエンパスとは会話をしただけで癒されたりします。

 

相手のソウルに寄り添いトレースする手法はエンパスならではの特性とも言えるでしょう。

 

ではサイキックの診断方法はどうでしょう?

 

池の様子を見る時、あくまでも池のほとりから観察するのがサイキックです。

 

波の打ち方。水の色や温度。自分から見える水のあらゆる情報をキャッチして状態を判断し、「自分の立場から相手のことを考える」のです。そのため、冷静で的確な状況判断を行うことが出来ます。

 

この時サイキックは五感を最大限に開放してクライアントの状態を診ています。五感は身体を使っているので相手に感情移入するようなことはありません。

 

こう書くとサイキックの方が良いような感じがするかもしれません。

 

しかしサイキックの客観性は時にドライに感じられて「あなたには解らない!」と反発を受けることがあります。

 

こういう時にはまず先に「共感による癒し」が必要となり、その後の「客観的な判断」が解放へ導きます。

 

熟練したセラピストは共感力と客観力の両方を使っていたりもします。