庵原朋弥 公式サイト | soul labo・魂の研究室 | 東京国立

腹立たしい夫となぜうまくいくのか

私は現在の夫(通称:院長)とよくケンカをします。
本当にどうしてここまで腹立たしいのか?
「口もききたくない!!」と思うこともしばしば。

 

しかし不思議なもので、
離婚した夫とはほぼケンカをしたこともなく
腹を立てたことすら記憶にない。
言い合いすらなかったのです。

 

「じゃ何故別れたの??」と言われそうですが
結果うまくいかなかったんですね。

 

そこで何が違うか考えてみたんです。
(あくまで当社比です)

 

 

院長といると明らかに
私の内側が波立ちます。
それは良くも悪くもです。

 

私の考えの及ばない答えや行動が
院長から繰り出されるたびに
私の中は驚きと困惑で葛藤が起きるのです。
(お互い様なのですが)

 

そして押し寄せる感情の波に飲み込まれます。

 

 

おおざっぱでのんびり屋の私は
「怒り」の感情に疎くて
息子にすら「怒り」を出すことは稀でした。
自分の中の「怒り」に鈍感とも言えます。

 

数日たってから
「あれっ?ディスられてた?」と
気が付いてムカッとするはあるあるです。
鈍くて遅い。
というか怒りの回路の接触が悪い。

 

ところが院長。
絶妙に接触が悪いはずの怒りスイッチを押してくる。
「おおおおお~腹が立つ~」
「なんじゃ~この感情~きいいい~」
院長に出会うまで感じたことのない感情でした。

 

…で思いっきり怒ってケンカするわけです。
それもめっちゃ些細なことで。

 

 

院長は元々怒りの回路直結の人ですから
お互いに怒り全開でのケンカになります。

 

多分生まれてから院長だけなんです。
このケンカが出来るのが。

 

「ありの~ままの~姿みせるのよ~」的な。
(アナ雪:松たか子風)

 

そしてケンカするたびに
今まで知らなかった自分がベロンって
顔を出してくる。

 

毎回毎回。
ベロンってむけては気が付く。
気が付かなかった本当の私。

 

大抵は自分のソウルの底にある
罪悪感だったりするのですが。
それに気が付くとものすごく
楽になったりします。

 

前の夫の前では
物分かりが良いふりして
格好つけてたんだな私。
お互いにかな。

 

 

溜まりたまって
積もりつもって
別れちゃったんだな~。

 

泣いたり叫んだり
鼻水出したりしながら
時には大ゲンカも良いものだと
この頃は思うのです。

 

お互いにベロンってなった後は
ありのままの姿で一緒に
美味しいお酒が飲めますから。