庵原朋弥 公式サイト | soul labo・魂の研究室 | 東京国立

繊細で傷つきやすい人⑦ 特性を生かすとは受け入れて楽しむこと

「エネルギーに敏感で、
すぐに具合が悪くなったりするんです…」

 

という方の中に、
エンパスではない、サイキックな方もいます。
ただ、サイキックとエンパスは質が違います。

 

違い

 

サイキックは、あくまでも客観的に
相手のエネルギー状態をとらえます。

 

そして熟練したサイキックなヒーラーは
自分自身が相手に巻き込まれないように
しっかりプロテクションしつつ、
必要なセッションを行う事ができます。

 

池の淵に立って池の波形の様子を見るのが
熟練したサイキックです。

 

池の淵

 

エンパスの場合は共感なので、
セッション中はプロテクションは
ありません。

 

自分と相手を共感させる事で
相手の状態を自分も体感するのです。

 

つまり池の中に入って、
池の波に身をゆだねるのがエンパスです。
無防備でいることが、
実は最大の防御でもあるのです。

 

 

これだと、
客観的にとらえるサイキックの方が
安全だろうと感じるかもしれませんが、
どちらがより安全だとか、
楽だとかは言えない世界です。

 

どちらにも経験や知識が不可欠です。

 

そしてそれも自分自身と粘り強く向き合って
自分の特性を知ることが必要だと思います。

 

サイキックは
人間に備わっている基本的能力なので、
訓練して鍛えたりすることで
伸ばしたり開花させたりできます。
毎日筋トレをして、
ダンベルを持ち上げられるようになる感じです。

 

エンパスは特性なので、
気が付いて受け入れることで変わっていきます。

 

例えば、女性であることに
ある日初めて気が付いたとして、
髪を伸ばしてみたり、お化粧したり、
仕草が優しくなったりと、
女性であることを認め、受け入れ楽しむことで
幸せを呼び込んできます。

 

幸せな時間

 

特性を受け入れて、認めて愛していくことが
エンパスを幸せにしていくのです。