庵原朋弥 公式サイト | soul labo・魂の研究室 | 東京国立

怠惰さが示すソウルの熱量

怠惰さ

休みの日は寝てばかり、掃除や片づけも出来ないし、遅刻癖もなかなか治らない。怠け者で体を休ませることばかり考えている。そんな自分は最低だ…。

 

そんな風に私たちはすぐに自分を責めてしまいます。

 

しかしそれは、本当に自分の本質ですか?

 

ソウルをケアするようになると、

「掃除が出来るようになった」

「遅刻癖が治った」

「体を動かしたくなった」

という変化があらわれてきます。

 

ソウルが枯渇していたり熱量が下がっていたりすると、私たちは思うように行動することが難しくなります。特に怠惰さは、ソウルの熱量が低い状態の時におきやすい症状です。

体の温度が低くなる低体温のように

ソウルの温度が低くなっていて動けないのです。

 

ソウルの熱量を上げるには、エクササイズが有効。筋トレはソウルの熱量を上げてくれる方法です。
そんな元気も出ないくらいの時は、かなりソウルがお疲れです。

横になって休むことは大切です。

自分を責めずに休養をとりましょう。

 


 

ビオハーツ 庵原朋弥

 


 

あなたの中の「幸せの種」を育てるメルマガ
ぜひご登録ください(無料配信中)

日常を特別にするソウルケアライフ

 


 

インスタフォロー大歓迎です^^

ソウルケアライフ 朋弥の日常

 


 

このブログの内容の
無断でのコピーや転載は固くお断りしますが、
シェアは大歓迎です。