庵原朋弥 公式サイト | soul labo・魂の研究室 | 東京国立

何が必要で、何が楽しくて、何が幸せか解らなくなった時にする事

何が不安なのか?
何が孤独なのかわからない?

 

何が必要で、何がいらないのか?
何が楽しいのかもわからない…

 

過去の私がそうでした。
息子が寝ると孤独感と不安から
涙が出てくる。

 

そうです。
私は幸せではなかったのです。

 

それでも、
自分は幸せだと言い聞かせていました。
当時はその事実を、
認めるのが怖かったからだと思います。

 

さあ ここで目を閉じて、
ご自身に問いかけてください。

 

貴方を笑顔にして、
幸せにするものを思い浮かべてください

 

おそらく、それほど沢山は
思い浮かばなかったと思います。
全く思い浮かばなかった…
という方もいるかもしれません。

 

驚かないでくださいね。

 

今思い浮かばなかったものは全て、
貴方の幸せとは無関係です。

つまり、手放しても大丈夫なものです。

 

もしも、
ひとつも思い浮かばなかったとしたら
あなたは自分を幸せにするものを
選ばずに生きてきたのかもしれません。

 

そしてそれは、
自分が自覚している以上に
深く傷ついてきたからです。

 

自分が本当に好きなもの欲しいものを
『欲しい!!!』
と言うことは勇気が必要です。

 

何故なら、
それを断られたら傷つくから。
それを失ったら傷つくから。

 

過去に求めても得られなくて
深い傷を負った人ほど、
『欲しい!!』とは
言えなくなっていきます。

 

そうすると、
それほど欲しくもないけど、
妥協して得られる、
失っても傷つかないものを
選択するようになっていきます。

 

例えば、
自分はそんなに好きじゃないけど、
愛してくれているから
付き合って寂しさを紛らわせてみたり…

 

本当に欲しいものを選択しないで
自分が傷つかないように
無難なものだけを選択していくと、
最後には本当に欲しいものが
わからなくなってしまうのです。

 

傷つくことは悪いことではありません。
苦しいけれど自分んを知り幸せへと導きます。
そしてそれこそが喜びの糧となるのです。

 

好きな人に好きと言う事。

 

自分が好きな格好をすること。

 

好きなものに囲まれて生活すること。

 

全て自分の選択の自由の中にあって
誰に何を言われても
気にすることはないのです。

 

自分を幸せな気持ちにしてくれるものを
選択し続けてください。

 

環境も友人も仕事も洋服も食べ物も。

 

幸せになる気持ちを大切にしてください。

 

そしてもしも…
何が本当に欲しいのかが
わからなくなってしまったら。

 

身の回りのもの一つ一つ、
丁寧に見直してみてください。

 

本当の幸せと無関係のものが
溢れかえっているはずです。

 

まずはそこから、
自分をせにしてくれるものを
選択する意識を育てていきましょう^^

 

数年前、
辛くて毎晩泣いていた私ですが、
目を閉じて浮かんだ、
私を幸せにするものは3つだけでした。

 

今のパートナー
息子
愛犬マル

 

私の幸せは意外とシンプルでした。

 

枯渇感から望んで集めたものでは
決して幸せにはなれません。

 

それを全て手放して
心の欲求に従って選択してみてください。

 

幸せを、心から願っています。

 

 

このブログの内容の
無断でのコピーや転載は固くお断りしますが、
シェアは大歓迎です。