庵原朋弥 公式サイト | soul labo・魂の研究室 | 東京国立

分かれ道

PROFILE

プロフィール

庵原 朋弥

Tomomi Ihara

1971年新潟県生まれ。1児の母。

大自然に囲まれた人口50人以下の集落で、
人間よりも植物や目に見えない存在を
身近に感じる幼少期を過ごす。

20歳から住宅業界に従事し
インテリアコーディネーターとして15年過ごす。
そんな中でも社会との接触が多くなるにつれて、
エンパス体質であるエネルギーの敏感さから
重度のアトピーや多くの体調不良を経験する。

 

アトピー改善のためにステロイド剤を使わないことを決意し、

整体・漢方・アロマテラピーなどの代替療法を試すが、大きな改善が見られぬまま、
24歳で結婚、32歳で出産。息子も重度のアトピーを患う。

息子のアトピーをきっかけに食を見直すことを決め、
マクロビオティックの学校を二校掛け持ちし両校で師範の御免状を取得。
それを期に自然食のパーソナルシェフを勤める。

食を切り替えたことで息子のアトピーはほぼ完治し、
自身のアトピーも大幅に改善したが、食だけでは限界があることも痛感し、
真の健康とは何かを求めて模索する。

その流れの中で導かれた形而上学の学びから、真の健康とは本来の自分らしさに戻ることであり、
見えない身体=ソウルのケアが必須であると確信。
更に42歳の時に離婚という大きな決断をしシングルマザーとなる。

ソウルをあるべき状態へ導くためにフラワーエッセンスを学び、
カナダのサビーナ・ペティット女史とドイツのアンドレアス・コルテ氏から上級プラクティショナーの認定を受ける。

また、食も形而上学の見地から見直し、独自の視点を取り入れた「食魔法」を開発する。

生まれながらのエンパスであるが、エンパシーを使いこなせていないことが体調不良の一因だと気付く。

エンパシーを使いこなす鍛錬を続けるうちに、ソウルの状態の検査を行う際に
エンパシーが非常に有効な能力だと気付き、エンパシーを利用して
クライアントのソウルを読み取る手法を確立。
多くのクライアントやファンに支持されている。

46歳で現在のパートナーと再婚。
日常の生活の中での実体験やセッションを通し、本来の自分自身を取り戻すための
『ソウルの幸感度』というテーマで更に研究を続けている。

アトピー改善のために
ステロイド剤を使わないことを決意し、
整体・漢方・アロマテラピーなどの
代替療法を試すが、大きな改善が見られぬまま、
24歳で結婚、32歳で出産。
息子も重度のアトピーを患う。

息子のアトピーをきっかけに
食を見直すことを決め、
マクロビオティックの学校を二校掛け持ちし
両校で師範の御免状を取得。
それを期に自然食のパーソナルシェフを勤める。

食を切り替えたことで
息子のアトピーはほぼ完治し、
自身のアトピーも大幅に改善したが、
食だけでは限界があることも痛感し、
真の健康とは何かを求めて模索する。

その流れの中で導かれた形而上学の学びから、
真の健康とは本来の自分らしさに戻ることであり、
見えない身体=ソウルのケアが必須であると確信。
更に42歳の時に離婚という大きな決断をし
シングルマザーとなる。

ソウルをあるべき状態へ導くために
フラワーエッセンスを学び、
カナダのサビーナ・ペティット女史と
ドイツのアンドレアス・コルテ氏から
上級プラクティショナーの認定を受ける。

また、食も形而上学の見地から見直し、
独自の視点を取り入れた「食魔法」を開発する。

生まれながらのエンパスであるが、
エンパシーを使いこなせていないことが
体調不良の一因だと気付く。

エンパシーを使いこなす鍛錬を続けるうちに、
ソウルの状態の検査を行う際に
エンパシーが非常に有効な能力だと気付き、
エンパシーを利用して
クライアントのソウルを読み取る手法を確立。
多くのクライアントやファンに支持されている。

46歳で現在のパートナーと再婚。
日常の生活の中での実体験やセッションを通し、
本来の自分自身を取り戻すための 『ソウルの幸感度』というテーマで
更に研究を続けている。

「soul labo(ソウルラボ)」では、エンパスの特性を理解するために必要なソウルについての知識や情報をお伝えしています。

また、エンパスには絶対的に必須ともいえる、日常に取り入れられる「ソウルケア」についても情報を公開・更新しています。